検索で見つけた愛人掲示板を使って、パパ活をはじめて行きました。
男の人の書き込みもあるし、そこには素晴らしい条件を提示して会ったりもするのです。
私は一気に興味を持ってしまって、その男の人にメールを送っていく事にしたのでした。
メール交換始められたら、きっと気に入ってもらうことができるかもしれないって思って、契約したらすぐにあのエルメスのバッグを自分のものにできるぞって感じでワクワクしてしまっていたのです。
毎月100万円の手当、しかも初回費用として300万円支払えると言うのですからね。
すぐに契約して、お金もらったらバッグを買いに行くつもりになっていました。
メールを送信したところ、随分と早くその男の人からメールが返ってきたんです。
「条件は掲示板で提示したとおり、100万円の手当と初回費用で300万円ね。
もちろん面接して気に入ったらの話だけれど、時間取ることができるかな?」
このように言われて、すぐ返信を出して会うことにしたのです。
駅前のカフェで待ち合わせすることになって、私としてはもうすでにこの段階で愛人契約成功だって気持ちになってしまっていました。
その男の人と無事に会うことができてお茶を飲みながら話を進めていきました。
「見た目も完璧だし、ぜひ契約したいと思っているよ」
この一言で心臓はバクバク状態でした。
「そこで、契約金の300万円を支払いたいだが、銀行のキャッシュカードを預けて欲しい」
突然言われて目が点になってしまったのです。

振り込むため、何でキャッシュカードが必要なのかなって感じです。
「これはお互いの信頼関係を作るために必要なことだから、暗証番号も教えて欲しい」
暗証番号まで聞くなんて、ちょっと話がおかしいんじゃないかって感じでした。